FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

100_0725.jpg


退院時に沢山の方々からお手紙をいただいてます。本当にありがとうございます!

みなさんのお気持ちが、我々スタッフの「活力源」となります。

今日はそんな中から1通ご紹介します

宮川先生

助産師の皆様

 今回とても素敵なお産をさせて頂きありがとうございました。(中略)

今の私は達成感に満たされて心が落ち着いています。

宮川医院を初めて訪れたのは、2010年の1月でした。

長男の妊娠が分かり、どこで産もうか探していたところ、こちらにたどり着きました。

自身の研修時(この方は医師)の体験から自然分娩にこだわっていた私にとって、理想の施設でした

心から納得できるお産をさせて頂けたことはこうやって3人のお産でお世話になったことからも

お分かりいただけるのではないでしょうか。宮川医院に出会えて本当に良かったです。(中略)

正直なところ第2子を出産したところまでは、わたしは妊娠、出産、で苦労することはないのではないかと無意識に錯覚していました。(中略)それから3年が経ち、次の子が欲しいと考えてすぐに妊娠。

順調に経過するだろうと当たり前のように考えていたところ10週で流産してしまいました。

その時はまた次を待てばよいと冷静に受け入れられたと思っていました。

ところが、手術後、時間が経つにつれ感情がコントロールできなくなり1週間後ようやく自分の悲しくて辛くてどうしようもない気持ちに気づき、ボロボロと一人で泣きました。と、同時に無事に子どもが産まれてきてくれることがどれだけ素晴らしいことなのかということを思い出しました。私が医師を目指したきっかけが、この感情だったのに・・・。

今回の妊娠は本当に新鮮な気持ちで向き合うことができました。大事に大事にお腹の生命を守り、無事に元気な子を産めたことを幸せに、誇らしく思います。

お力添え頂いた宮川医院の皆様にはどんな言葉で感謝をお伝えすれば良いのか言葉が見つかりません。

ほんとうにありがとうございました。(中略)

おそらくこれで、宮川医院卒業ということになると思います。ここでの9年間は私の人生の女性としての輝かしい9年間であったと思います。これからも、この経験を母として、そして医師として糧にしていきたいと思います。

最後になりましたが、宮川医院が素敵なお産の出来る場所であり続けて頂けるよう皆様のご活躍を期待しております。

ありがとうございました。   2018年11月    A・W

医師に信頼される院長を我々スタッフも誇りに思い、日々精進したいと思います
ありがとうございましたp(*^-^*)q







スポンサーサイト
看護師の免許を所得して37年が経ちますが、
忘れられない「詩」があります

看護学校卒業時の挨拶で同僚が読んだ詩です
その同僚は、同じ看護師である姉から
卒業記念としてこの詩を送られたと語っていました

ルース・ジョンストンという方の
きいてください、看護婦さん」という詩です

ひもじくても、わたしは、自分で食事ができません。
あなたは、手の届かぬ床頭台の上に、
わたしのお盆を置いたまま、去りました。
その上、看護のカンファレンスで、わたしの栄養不足を、議論したのです。
のどがカラカラで、困っていました。
でも、あなたは忘れていました。
付き添いさんに頼んで、水差しをみたしておくことを。
あとで、あなたは記録につけました。
わたしが流動物を拒んでいます、と。 
わたしは、さびしくて、こわいのです。
でも、あなたは、わたしをひとりぼっちにして、去りました。
わたしが、とても協力的で、まったくなにも尋ねないものだから。 
わたしは、お金に困っていました。
あなたの心のなかで、わたしは、厄介ものになりました。 
わたしは、1件の看護的問題だったのです。
あなたが議論したのは、わたしの病気の理論的根拠です。
そして、わたしをみようとさえなさらずに。
わたしは死にそうだと思われていました。
わたしの耳が聞こえないと思って、あなたはしゃべりました。
今晩のデートの前に美容院を予約したので、
勤務のあいだに、死んでほしくはない、と。
あなたは、教育があり、りっぱに話し
純白のぴんとした白衣をまとって、ほんとにきちんとしています。
わたしが話すと、聞いてくださるようですが、耳を傾けてはいないのです。 
助けてください。
わたしにおきていることを、心配してください。
わたしは、疲れきって、さびしくて、ほんとうにこわいのです。
話しかけてください。
手をさしのべて、わたしの手をとってください。
わたしにおきていることを、あなたにも、大事な問題にしてください。
どうか、きいてください。看護婦さん。

看護師さんならきっと知っている方も多いはずです
卒業の日に聴いたこの詩は深く心にしみていきました

けれども若い頃には「そんな事言ったって仕方ないよ人が足りないもん」とか
「決められた勤務時間で優先度を考えて仕事しなさいって言われたし」とか
この詩に対する言い訳も多かった私です

でも歳を取れば取るほど、自分が患者になったり、動けない老人になったときのことを考えるようになり
自分の仕事の『本質』が見えてきました

私にこの詩を教えてくれた同僚にありがとうを言いたいけれど、
彼女はいまどうしているのかなあ・・元気かな?
続きを読む
昨日、有志ママたちによるDVD上映会とお祝い会が開かれました

たくさんのママたちにお集まり頂き心より感謝申し上げます

DVDの中には遠く関西や九州に引っ越された方々からもご協力を賜り、

参加者は100名近くにのぼったとも聞いております

本当にすごいことです。ありがとうございました

2002年に開業した時はお産の数は1年でわずか数名でしたので

本当にやっていけるか心配でしたが、どんなにお産が少なくても

院長は「自然分娩」「母乳育児」「完全母子同室」の理念を崩しませんでした

それは御自分自身のためではなく

「おかあさんと赤ちゃんにとってそれが一番いいことだから」

と何度となく聞かされてきました

いつもおかあさんと赤ちゃんにとって一番良い方法を考えてこられた結果が

今回の会に結びついたのではないかと思います

自然分娩ではなかった方も、母乳育児が叶わなかった方も、赤ちゃんと

離れ離れになってしまった人も、いっとう最初は宮川の理念に賛同し、同意書を

提出され、そして最後まで持てる力を出し切って頑張られたことを

院長もスタッフも理解しています

私は最初の子供は「吸引分娩」「ほぼミルク」「生後5日目に新生児搬送」でした

だからこそ、「自然分娩、母乳育児、母子同室が素晴らしい」と言い切れるのです

出来ない場合は仕方ないけれど、できるのにやらないのは勿体無いです

院長がこれからもおかあさんと赤ちゃんのことを一番に考えていく限り、

スタッフもそれに従い、力を尽くしてくれることでしょう

いつまでもみんなに愛される宮川医院でありたいと願います

2017年9月7日      助産師長 森谷美保子

IMG_1328.jpg
梅の花もチラホラと咲いて、少しずつ春の訪れを感じる今日この頃
皆様お変わりありませんか?

ところでこの花なんだかわかりますか?
葉っぱもついていない枝に地味にポツポツと咲いているのですが
薫り高く「梅」のような匂いがして、「蝋梅ろうばい」と言います

花は半透明の黄色で艶はあるけどやや下を向いて咲きます
原産は中国で旧暦の12月(蝋月)に昨くのでその名がついたと
いわれています

冬の花の少ない時期に梅よりもまずこの蝋梅がにおい始めると
ああもうすぐ春が来る」と感じるのです

花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」「先導」「先見
そのひかえめで、おくゆかしい咲き方と姿から
ついた言葉だそうです

蝋梅のようにゆかしさと慈しみの中に春に先駆けて
咲く先見と先導のいさぎよさ。
助産師の有るべき姿をこの花に見た気がしました

今まで正直「地味でさびしい花だ」と思っていたけれど
来年からはきっと咲くのが楽しみになることでしょう

そしてどうやったら「ひかえめとおくゆかしさ」が身につくのか
蝋梅に尋ねてみたい森谷なのでした。