FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

降り続く秋雨・・・そして台風
江ノ島花火大会も中止になるし、洗濯物は乾かないし、子どもたちの体力はあり余るし(笑)
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
気温の変化や冷え込みで体調を崩されている妊婦様やお子様続出
ご自愛くださいね。

さて、10月4日は中秋の名月でしたが、残念ながら雨でお月さまは見えませんでしたね。
我が家は、月は見えなくとも 花より 月よりだんご(笑)で、お月見団子を子どもたちと作りました。
白玉粉をお水での代わりにお豆腐でこねると、ふわふわになりタンパク質もとることができるのでおすすめです
5歳の兄はこねるところから茹でるところまで、2歳の弟は丸めるところをお手伝い。
お料理のお手伝いは本当におすすめ
「自分がつくった」ものだと、嫌いなものも食べてくれたり、好きになったりすることも多いです
案の定、お豆腐は嫌いな偏食&少食 次男もお団子パクパク
小さいお子様はのどに詰めないようにお気をつけください
ホットケーキを作る時、牛乳の代わりにお豆腐を使うのもフワフワになっておいしいですよ
お野菜パウダーもおすすめ
ホットケーキやクッキー、パンに入れたり、ふりかけにしたり。
ほうれん草やにんじん、かぼちゃなど色々あり、カラフル見た目もGood栄養もGet

好き嫌いなく、なんでも食べる子になってほしいけれど、みじん切りや混ぜ込む、練り込むetc姿を変えて食べてくれるのであれば、
「ま、いっか」にするのも、偏食や少食のお子様には大切、かもしれません。

妊婦様にも栄養のあるおやつ(補食)は大事です
つわりでお食事がとれなかったり、お腹が空くと気持ちが悪くなってしまう妊婦様。
もともと食が細く、妊娠してもなかなか体重が増えず、赤ちゃんも小さ目の妊婦様。
妊娠後期になり、赤ちゃんが胃を圧迫するのでお腹いっぱいになると気持ちが悪くなったり、逆流してしまう妊婦様。
一日のお食事を5回くらいに分けて召し上がってみてください。
その時は、“甘いおやつ”ではなく、お子さまの“捕食”のように栄養を補うようにとっていただけると、
赤ちゃんも嬉しいと思います

白玉粉つながりで・・・おまけレシピ
もちもちチーズパン
★材料(3人分6個)★
・白玉粉 60g
・塩 ひとつまみ
・牛乳 70ml(1/3カップ)
・粉チーズ 20g
・油 大さじ1/2

★作り方★
①白玉粉と塩を合わせ、そこに牛乳を少しずつ加えよく混ぜ合わせえる。
② ①に粉チーズを加え、さらに混ぜる。
③ ②がまとまってきたら、油を加え、耳たぶくらいのやわらかさになるまで練る。
④ピンポン玉くらいの大きさに丸めて軽くつぶし、天板にクッキングシートを敷き、その上に並べる。
⑤オーブンをあらかじめ予熱しておき、180℃で15~20分程度焼く。
⑥表面が硬くなったら完成。

こどものためのらくらくおやつレシピ(食育サークル シーラボ)より抜粋

我が家このもちもちチーズパンが大好きで発酵も必要ないので思い立った時にすぐできます。
いつも3倍量で作っている三富でしたヾ(o´∀`o)ノ 
妊娠中や産後、便秘でお悩みの方は多いと思います
みなさんがよく耳にするのが「食物繊維」
毎日の健康なお通じのためには1日20g、
また心筋梗塞による死亡率の低下が観察された研究では1日24g以上と報告されています
実際は、平均12gくらいしか摂れていないそうです。

食物繊維



「毎食サラダを欠かさず食べています」
「野菜ジュース飲んでいます」
「野菜しっかり摂っていますよ」と思っている方、

実はサラダ山盛り食べても1日に必要な食物繊維は補いきれていません
レタスは100g当たり1.1g、キャベツは1.8gです
生野菜だけでは1日の目標摂取量を摂るのはむずかしいのです。
また、市販の野菜ジュースは製造工程で加熱して搾っています
搾りかすは捨ててしまうため、本来の食物繊維は残っていないのが実情です

そこで、いつも食べているサラダにひと工夫
海藻や豆、きのこなどをトッピングするだけで食物繊維量を大幅に増やせます

サラダにおすすめのドレッシングをご紹介
【万能バルサミコドレッシング】
ごま油1、バルサミコ酢(なければ酢)2、しょうゆ1、きざみ玉ねぎお好み量

【和風しそドレッシング】
EXVオリーブオイル2、白だし(液)1、きざみ大葉お好み量

【エスニックドレッシング】
ごま油2、ナンプラー1、レモン汁1、砂糖少々、パクチーお好み量

【生姜入り黄金ドレッシング】
EXVオリーブオイル2、ホワイトバルサミコ(なければ酢)1、おろしまたはみじん切りの生姜お好み量、塩少々

※お子さま向けには、油をマヨネーズにしたり、砂糖やケッチャップを加えてみてくださいね


食物繊維は便秘改善の他に、胃の中で膨らんで満腹感を与えます
噛む回数が増えるので、食べ過ぎ防止の効果もあります

食欲の秋対策にぜひ、モリモリお野菜食べましょう!!
9月に入り、まだまだ残暑が厳しい日もあるものの、風や雲はすっかり秋を感じるようになりました。
夏バテされていらっしゃった方も、なかなか運動できなかった妊婦さまも・・・
ウォーキング日和です

当院近くの長久保公園は自然が多く、ウォーキングロードもあり、妊婦さまにも、お子さまにもおすすめです

陣痛が遠のいてしまった時にパパさんとのお散歩におすすめしたり、助産師と一緒にウォーキングする会“Hono Honoの会”でもよく訪れる公園で、必ずと言ってもいいほど、当院でご出産されたお友達に会える場所です。
春は桜
G.W.にはミニ鉄道が走るこどもの日のイベント
夏には子ども達が虫取り網を手にセミやカブトムシを追いかけ、おじさま方は望遠カメラでカワセミのシャッターチャンスを狙い
秋には紅葉、どんぐりやまつぼっくりひろい
冬、雪が降ったらあちこちに雪だるまが出現します
そんな、一年中楽しめる公園です。

小さい秋みぃ~つけた
先日、長久保公園で秋の訪れを感じてきました。
栗 2歳の次男、イガを触って「いたいねぇ~」と言ってはツンツンしていました(笑)
ザクロや柿、彼岸花も。
DSC_0985.jpg DSC_0986.jpg DSC_0990.jpg DSC_0987.jpg

高台を登ると、遠くに江ノ島と富士山も望めます
DSC_0988.jpg DSC_0989.jpg

「おじいさんは山へ芝刈りに おばあさんは川へ洗濯に」
というむかしばなしの時代(もちろん、もっともっと太古から)お産は何も変わっていません。
でも、その頃と比べると生活の中における運動量ははるかに激減していています。
でも、お産もそしてその後の育児も
体力があるに越したことはありません
あ、ずいぶん強調しちゃいました
でもホント。

「万歩計 持って歩いてます~」
「スクワット毎日しています~」
「毎日3時間は歩いてますよ~」
って妊婦さまはやっぱりお産もスムーズなことが多いですし、何よりお産後もアクティブではつらつとしていて楽しそう
子どもが風邪を引いてもうつらない体や子どもと一緒に遊んでも疲れない体力は金なりですよ
あ、またまた強調しちゃいました パワフル兄弟子育て中の私の、ココロのさけびです(笑)

秋を探しに、ウォーキングに出掛けましょう

小山があって軽いハイキングができる新林公園、引地川沿いをウォーキングできる親水公園もおすすめです。
我が家もよく出没しておりますので、お声掛けくださいね。 三富でしたヾ(o´∀`o)ノ 





1か月健診に来られたママさんが口々に「置くと泣くようになってしまって・・・」と。
いわゆる・・・背中スイッチ

おっぱいあげて、抱っこして、寝たと思ってお布団に寝かそうとすると・・・・
「おぎゃ~」
また、おっぱい抱っこ寝かそうとして・・・エンドレス

ママも疲れてくるし、なんで泣くのか分からないし、どこか痛いのか、具合が悪いのか心配になってくるし・・・
ママも泣きた~~~~い気持ちになりますよね。

原因は明確にはなっていないのですが、背中の感触・温かさの変化を感じ取って、「抱っこがいいよぉ」と主張できるようになってきた、発達の証なんです。
人間は歩けるようになる前に生まれてきてしまいますから、自分で逃げられない分、ママにしがみついて危険を回避したい本能だという一説もあります。
お腹の中で聴いていた安心するママの心音が聞こえる、温かくてやわらかくて、大好きなママの匂いとおっぱいの匂いがする抱っこ・・・

目を閉じて、想像してみてください。
遠い遠い記憶の彼方の、温かくて幸せな感触を。

この抱っこが、“今”赤ちゃんが泣き止むというだけでなく、この先大きくなって、つらいことや悲しいことがあった時に、乗り越えられる“強さに優しさ”になってくれますように・・・

そう願いつつ、でも、現実問題もありますもんねー(笑)

両手が空く抱っこひも、ベビーラップ、スリングetcで抱っこする
 首がすわったらおんぶOK おんぶができるようになると、家事もはかどりますよ

ガーゼタオルやおくるみでくるんでから抱っこして、そのまま寝かしてあげる
  寝かせる時に首の下の腕を先に引き抜いて、そぉ~っと。
  夏場は暑くなり過ぎないよう、体温に注意して下さいね。

添い寝、添い乳。四つんばいでおっぱいあげて(筋トレ状態)、そ~っとおっぱいを引き抜く(笑)

心臓の音に近い音とされる音を片っ端からtry
 そういうぬいぐるみなどもありますし、うどんをすする音、ビニールカシャカシャ音、掃除機の音etc

他の方にバトンタッチできる時はお願いしてしまう。案外パパだと大丈夫なことも。

腹をくくって、家事は最小限に(笑)
  案外、ママの焦りや心配やイライラや泣きたい気持ちが伝わって、赤ちゃんも敏感になることもあります
  どーーーーんと構えることも大事かも。

色んなことを試してみて、これは効果あった今日は効果なかった明日はアレを試してみようって、楽しめたらいいですよね。

来年小学生の長男。添い寝しなくても一人で寝られるようになりましたし、いつから1人部屋で寝たいっていうようになるかぁ、とドキドキしています。
今は、抱っこやおっぱいじゃないと寝られなくても、数年後には一人で寝られるようになるのです。
そして、もう、二度と抱っこで寝るなんて日は、戻ってこないのです・・・
大変で、心配で、泣きたくなるような“今”も、過ぎてしまえば、
ママにとってもあたたかくてやわらかくて幸せな、貴重で大切で宝物の時
なのかもしれません。  それを実感している三富でしたヾ(o´∀`o)ノ

関東も梅雨明けしましたね
夏本番
最近行った、子どもとお出かけおすすめの場所をUPしますね。

2015-02-07_102556-336x333[1]
6月末、ホタルを見に行きました。
新林公園の近くの池です
自転車で行ける場所でホタルが見られるなんて 時期的にもう遅いかもしれませんが・・・
懐中電灯・蚊対策・暗いので用心棒パパと一緒に行ってみてくださいね。

PhotoGrid_1499662956214 (500x640)
地域の地引網に参加して来ました。
とれたての魚をすくったり、しらすをいただいたり、スイカ割りをしたり、波打ち際で遊んだり

top_main_img[1]
八ヶ岳に藤沢市の野外体験教室があり、藤沢市在住・勤務の方はリーズナブルに宿泊できるんですよ。
地元の食材でBBQをしたり、満天の星空や野鳥を観察したり、滝でたっぷりマイナスイオンを浴びたり、川遊びをしたり・・・
夏を満喫、子どもたちは大はしゃぎでした

夏はいろいろ楽しいことがたくさんありますね。

長久保公園でのセミの羽化観察や、セーリング体験や地引網体験、水泳教室、花火、お祭りetc地域の広報などに情報がたくさん載っております。
様々な体験を通して、お子さまも刺激を受けて、ひと夏でグ~ンと成長することも多いです。

お子さま連れのレジャーを楽しむポイント
1.スケジュールは余裕をもって
1日1行程位のペースの方が、楽しめると思います。いつものお昼寝タイムもスケジュールに入れてくださいね。
あれこれ欲張ってしまうと、結局眠くてグズグズしてしまったり、具合が悪くなってしまったりすることも多いです。

2.水分補給はこまめに
赤ちゃんは「のどがかわいた~」と言えません。おしゃべりできるお子さまも、遊びに夢中になっていると、気づかないことも。
寝ていると水分補給ができないので、抱っこや車の中で寝ていても、場合によっては起こして、ちょこちょこ水分補給をしてあげてください。

3.こまめに休息を
お外で遊ぶ場合は、帽子をかぶせて、こまめに日陰や室内で休息をとってください。

熱中症や夏風邪、水難事故などに十分ご注意いただきまして、この夏を楽しんでくださいね

夏大好きなので、子どもと一緒に楽しんでいる 三富でしたヾ(o´∀`o)ノ