FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

6月21日は一年で最も日照時間が長い夏至でしたね

一年のうちには、エネルギーの流れが大きく変わるタイミングがいくつかありますが、夏至が最も流れが大きく変わる日だと言われています。

梅雨がまっただなかのこの時期は、体内の水分バランスが乱れて余分な水分がからだのあちこちに溜まりやすくなります。冷房の効き過ぎた室内に長時間いることで、体温を調節する自律神経のバランスが崩れ、手足の冷えやこわばり、だるさや頭痛といった症状も起きやすくなります。
この時期、入浴も簡単にシャワーで済ませていませんか?
蒸し暑い日には、どうしてもサササっと済ませてしまいたくなりますね。
梅雨の季節は、からだの水はけを改善して巡りが良くなる生活を意識しましょう

食べ物によってはカラダを冷やすとよくいわれますが、カラダの熱を下げるということです。
胃が冷えると消化が低下し、水分が溜まりやすくなります。
仕事上、一日中クーラーにあたるオフィスにいる方、つわり症状のある方、極度の冷え症でカラダの中に熱を感じられない方は冷たいものや生ではあまりとりすぎないように…

そうはいっても暑いなか調理も大変。そういう時は、冷たいものと一緒に薬味を多く使います。
大葉、しょうが、あさつき、山椒・・・
どれもピリっとした辛味で、カラダの内が温まる感じがしますね。ポイントは唐辛子のようなビリビリっとくるものではなく、あくまでもピリッ
山椒、フェンネル、クローブなどのスパイスをうまく使って料理してみましょう。
むくみをとって、尿として体外に排出する旬の食材は、以下のものがおススメ!

野菜⇒
かぼちゃ、とうもろこし、枝豆、レタス、空心菜、さやいんげん(ポタージュにすると美味しい!)
果物⇒
夏みかん、さくらんぼ、ココナッツ
雑穀⇒
ハトムギ、小豆、黒豆
肉・魚類⇒
うなぎ、どじょう

夏至が過ぎれば、小暑がきて大暑。どんどん暑くなっていきますよ
一年の半分です。早いですね~
この時期の過ごし方が、秋以降冬にかけての体調へ影響します。もちろん、出産や産後にも!!
うまく折り返していきましょう!

Yoshikawa
スポンサーサイト