湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

師走に入るとあっという間に今年も過ぎようとしております。
冷え込む毎日ですが、妊婦さんは、お天気がいい時にはウォーミングアップを念入りにして、
ウォーキングも続けてくださいね
産婦さんは年末年始のお食事に要注意

今月も寒さに負けず、かわいい赤ちゃんが産まれてきてくれました。
おめでとうございます

DSC04902.jpg DSC04903.jpg DSC04914.jpg DSC04917.jpg DSC04920.jpg DSC04927.jpg DSC04934.jpg DSC04958.jpg DSC04959.jpg DSC04960.jpg DSC04963.jpg DSC04966.jpg DSC04973.jpg DSC04967.jpg DSC04979.jpg DSC04988.jpg DSC04997.jpg DSC05000.jpgDSC05001.jpg DSC05003.jpg




良いお年をお迎えくださいませ
DSC04998_2014123015245577f.jpg








スポンサーサイト
2015 年1月のイベントカレンダー3
1月      
日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
  
 
1
23
       
      
       
       
      
45678910
  マタニィティフラpepemakuhonohono産後ヨガ 
  10:0010:0010:0010:30 
  ファミリークラス OHANA13:30 
  14:00 14:00  
       
11121314151617
  マタニィティフラマタニィティヨガ 産後ヨガファミリークラス
  10:0010:30 10:3010:00
   13:30 13:30 
       
       
18192021222324
  マタニィティフラマタニィティヨガ 産後ヨガ 
  10:0010:30 10:30 
   13:30 13:30 
       
       
25262728293031
   産後ヨガ 産後ヨガ 
   10:30 10:30 
   13:30 13:30 
       
       
       
  外来休診日
  外来午前中のみ
各教室の申込みは、外来に置いてあります申込みノートに各自ご記入ください。
寒さも厳しくなってきましたが、みなさま体調崩したりしていませんか?
妊娠中。産後。日々を楽しむためにも身体が健康であってこそ。
身体の声に耳を傾けて養生してあげてくださいね

健康は食にあり。
日本食の根本となる『お出汁』について知り合いのフードコーディネーターの方の出汁教室なるものにお邪魔して来ました
昆布・かつお節・煮干し・乾しいたけ
これらを数種類ずつ、効き出汁してきました。いやぁ~昆布ひとつとっても、産地によって全然ちがうものですね

出汁をしっかりと利かせることで薄味でも美味しい料理が作れます!
妊婦さんの高血圧予防・離乳食での子供の味覚の発達・さらには。。。美味しい料理で旦那様の心を癒して家庭円満に。。。www嬉しいことづくしなはず。
ちょっとひと手間、みなさまもやってみてくださいねー

「基本のかつお節」
薄削りの場合
沸騰させた水1Lにつき20~30gのかつお節を入れます。火を止め1分ほど浸してサラシでこして出来上がり♪
厚削りの場合
水1Lにつき30~50gのかつお節を入れます。15~40分ほど煮出し、こして出来上がり。
そばなど濃厚な出汁が必要な時に。

離乳食もこのお出汁でおかゆを作ってあげると、よく食べた!というお話がありました♪


師走。みなさまが健康に笑って過ごせますよう、宮川医院より祈ってますshiraishi
DSC04935.jpg
12月に入り、冷え込んでまいりました。
今日は午前中雨模様でしたが、午後から雨も上がり、8組のママ&赤ちゃんが
OHANA(ベビーマッサージ&交流会)にご参加くださいました。

自己紹介
指しゃぶりやおしゃべりが盛んで、目が合うとニッコリしてくれる子も。
DSC04936.jpg DSC04937.jpg DSC04938.jpg

ベビーマッサージ始めるよ~
ママも赤ちゃんもいい表情です
DSC04939.jpg DSC04940.jpg DSC04941.jpg DSC04942.jpg DSC04943.jpg DSC04944.jpg DSC04946.jpg DSC04947.jpg DSC04948.jpg

ママと親子遊び
DSC04949.jpg DSC04950.jpg

楽しかったね~
DSC04951.jpg DSC04952.jpg DSC04955.jpg DSC04954.jpg

Zzz・・・疲れて眠っちゃった子も
DSC04953.jpg

次回は年明け1月8日、2014年9月生まれのお子さんにお声掛けしております
インフルエンザが流行っています。ご自愛くださいね。

4ヶ月くらいのお子さんのパンみたいな足ってホントかわいい
もうシュッと、子どもの足になってしまった息子の足と比べてつくづく感じた三富でした(^^)/



(*^_^*)ホノホノの会に、ママたち6人が参加してくれました♪

朝から小雨が降り始めたため室内(キッズルーム)での歩行となりましたが、みんなでガッツリ歩いて結構汗をかきました!
ストレッチをしたり、質問コーナーでみんなの疑問がたくさん出て話し合ったり…♪

(*^^)vのんびりした雰囲気だと、普段聞けないことも聞けたり、いいことがたくさんありますね♪

当院でお産の20週過ぎの方なら何度でも参加できます♪
またよろしくお願いします(^O^)

2014.12.11ホノホノ

助産師 人見♪
12月に入ったなーと思ったら、一週間が過ぎようとしています。

あー大掃除やらないと。   年賀状もやらないと。  学校の個人面談もあるしー。

何だか気持ちばかりあせってしまいます。

そんな時に中学生の娘から  「もうすぐクリスマスだね、お正月もあるし楽しみ」 「今年は何を作る?」  

「今年は私がケーキ焼こうかなー」  そうです、イベントもめじろおし。

おまけに、娘のお誕生日もお正月と共にやってくるー

内心ヤバイと思ってる私。

しかし、家族で過ごす、行事やイベントをとても楽しみにしている姿をみて、ふとおもいました。。

こうやって、あと何回家族とすごすイベントを楽しみにしてくれるんだろう?

そのうち、友達やら恋人などと過ごすのを楽しみにするんだろうなー

そう思うと、あと何回も無いかもしれない、家族で行う数々の行事やイベントを、楽しまなくては!

忙しいからとか大変だからとか言わないで、楽しみにしてくれてるうちは、はりきって準備します。

こどもの頃の想い出をいっぱいもたせてあげて、自立していって欲しいなと思っています。

                                          相澤のつぶやきでした


先日ファミリークラスがありました。
最近、パートナーに「ありがとう」って思ったこと何ですか?って聞いてみました。
DSC04899.jpg DSC04895.jpg DSC04896.jpg
「ご飯を毎日作ってくれて、どれもおいしい。いつもありがとう」(ママ→パパ)

「チャイルドシートのお下がりを頂き、お風呂で汗をかきかき、
踏み洗いしてしてくれた。きれいになったよありがとう」(ママ→パパ)

「里帰りする前に、料理が作れない僕のために作り置きをたくさんしてくれて感激
ありがとう」(パパ→ママ)

「産休に入って家事をしてくれるようになった。嬉しいよ。ありがとう」(パパ→ママ)

少し照れながらも、伝える方も伝えてもらう方も、何だか嬉しそう

当たり前のようになってしまっていること。
わざわざ伝えなくても分かっているだろう・・・。
と思いがちですが、言ってもらえたら、やっぱり嬉しいもの。

そして、この気持ちがよくなる言葉やスキンシップは、

オキシトシンという

ホルモンの分泌を促進するというデーターがあります。
オキシトシンはお産や授乳にとても大きな影響を与えるもので、
人を信用したり、愛おしく思ったりする作用もあるんです。
DSC04897.jpg DSC04898.jpgハグやKissも有効ですヨ

安産を目指す方、

家族仲良く明るい家庭を目指す方・・・

まずは、「ありがとう」って

伝えてみてください。
「なになにど~したの~今日雪~」なんて照れつつ、
ママの顔がふっとほころぶはずです

三富でした(^^)/
__ 1__ 4
10月19日の「助産師のつぶやき」で分娩入院棟を支える人々の事を書きました

みなさん「経験豊富」なだけに(笑)「匠の技」を持っていらっしゃいます

入院しているのにマタニティノートにはなぜか

「実家に帰っている気分「ほっとする「安心する」

などの言葉が数多く綴られているのは、もしかしたら、この方々の訪室時のさりげない言葉かけ

だったりするのかもしれません

心をこめたお食事と快適な環境で、ゆっくりと赤ちゃんと二人だけの時間をお過ごしください

以上、レポートは宮川公認キャラクター「うむもん」でした

__ 2__ 3

助産師帳 もりたに みほこ