FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

夏がきたぞ~!

今年は例年になく6月中と早い梅雨明けで、梅雨明け早々、連日の真夏日

残暑まで、長い夏の始まりです。

水分やミネラルを摂りつつ熱中症を予防しながら、夏を楽しみましょうね

さて今月も、元気いっぱい可愛いベビーちゃん達が生まれてきてくれました

Happy birthday!

100_0309.jpg 100_0315.jpg 100_0320.jpg 100_0328.jpg 100_0351.jpg 100_0353.jpg 100_0356.jpg 100_0364.jpg 100_0365.jpg 100_0366.jpg 100_0367.jpg
スポンサーサイト


すっかり夏真っ盛りとなりましたね
暑いなか、3月生まれの6名の方がご参加くださいました

2018-05-30 2018-05-30 001 006

泣いたり、笑ったり、お話ししたりと
いろんな表情で楽しませてくれました


2018-05-30 2018-05-30 001 001  2018-05-30 2018-05-30 001 003

2018-05-30 2018-05-30 001 002  2018-05-30 2018-05-30 001 004

2018-05-30 2018-05-30 001 012  2018-05-30 2018-05-30 001 011

ママといっしょにストレッチ
ちょっと動くだけで汗だくです


2018-05-30 2018-05-30 001 008  2018-05-30 2018-05-30 001 007

最近、抱っこしてないと泣いてしまう
この時期あるある!
ため息でることも多いけど、
ママのストレス解消のお助けに
うまくストレッチ運動を取り入れてみてくださいね

まだまだ、これからが夏本番
体調にお気をつけくださいませ


次回は9月13日に4月~5月のお友達の会です
午前が4月と5月後半生まれ(18日~31日)、
午後が5月前半生まれ(1日~17日)の2部制です。ご注意ください
締切は8月末日です
ご参加お待ちしております


あじさいの花が美しい6月
鎌倉などに、見に行かれましたか?

100_0258.jpg

まだしばらく梅雨は続きますが、21日には夏至を迎え、
日に日に夏が近づいてきてますね

暑い日があったかと思えば肌寒い日もあり、気温が安定しませんが、
みなさま、どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいね

2018年も後半戦!
ますます楽しんでいきましょう~~

さてさて、今月も可愛いベビーちゃんたちが生まれてきてくれましたよ

お誕生おめでとう♪

100_0223.jpg 100_0260.jpg 100_0273.jpg 100_0265.jpg 100_0276.jpg 100_0281.jpg 100_0295.jpg 100_0298.jpg
看護師の免許を所得して37年が経ちますが、
忘れられない「詩」があります

看護学校卒業時の挨拶で同僚が読んだ詩です
その同僚は、同じ看護師である姉から
卒業記念としてこの詩を送られたと語っていました

ルース・ジョンストンという方の
きいてください、看護婦さん」という詩です

ひもじくても、わたしは、自分で食事ができません。
あなたは、手の届かぬ床頭台の上に、
わたしのお盆を置いたまま、去りました。
その上、看護のカンファレンスで、わたしの栄養不足を、議論したのです。
のどがカラカラで、困っていました。
でも、あなたは忘れていました。
付き添いさんに頼んで、水差しをみたしておくことを。
あとで、あなたは記録につけました。
わたしが流動物を拒んでいます、と。 
わたしは、さびしくて、こわいのです。
でも、あなたは、わたしをひとりぼっちにして、去りました。
わたしが、とても協力的で、まったくなにも尋ねないものだから。 
わたしは、お金に困っていました。
あなたの心のなかで、わたしは、厄介ものになりました。 
わたしは、1件の看護的問題だったのです。
あなたが議論したのは、わたしの病気の理論的根拠です。
そして、わたしをみようとさえなさらずに。
わたしは死にそうだと思われていました。
わたしの耳が聞こえないと思って、あなたはしゃべりました。
今晩のデートの前に美容院を予約したので、
勤務のあいだに、死んでほしくはない、と。
あなたは、教育があり、りっぱに話し
純白のぴんとした白衣をまとって、ほんとにきちんとしています。
わたしが話すと、聞いてくださるようですが、耳を傾けてはいないのです。 
助けてください。
わたしにおきていることを、心配してください。
わたしは、疲れきって、さびしくて、ほんとうにこわいのです。
話しかけてください。
手をさしのべて、わたしの手をとってください。
わたしにおきていることを、あなたにも、大事な問題にしてください。
どうか、きいてください。看護婦さん。

看護師さんならきっと知っている方も多いはずです
卒業の日に聴いたこの詩は深く心にしみていきました

けれども若い頃には「そんな事言ったって仕方ないよ人が足りないもん」とか
「決められた勤務時間で優先度を考えて仕事しなさいって言われたし」とか
この詩に対する言い訳も多かった私です

でも歳を取れば取るほど、自分が患者になったり、動けない老人になったときのことを考えるようになり
自分の仕事の『本質』が見えてきました

私にこの詩を教えてくれた同僚にありがとうを言いたいけれど、
彼女はいまどうしているのかなあ・・元気かな?