FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

お腹が大きくなってくると、お腹いっぱい食べると気持ちが悪くなったり、
横になると、胃液が上がってきたりして苦しい妊婦さんも多いと思います。

私も現在妊娠8か月になり、寝ていると突然胃液が上がってきちゃったり、
その後食道が焼けるように痛くなっちゃったり・・・
一人目の妊娠時もありました。

ホルモンの影響によって、胃の消化に時間がかかったり、
赤ちゃんが大きくなる分、胃が圧迫されたりすることによって
「逆流性食道炎」の症状が引き起こされるんですね。

おすすめの対処法

お布団の下に折った布団やクッションを入れ込んで、上体を上げて寝る

横向きに寝た方が楽だと感じる場合も多いと思います。
  抱き枕があると、楽です
  授乳クッションになる抱き枕もあるので長く使えて、おすすめです。

1回量のお食事を腹8分目にして、1日5回位に分けて食べてみてください。
  つわりと違って、食べている時にはおいしくてついつい食べ過ぎて、
  後で苦しくなっちゃうんですよね~(笑)

妊娠中は様々なマイナートラブルが起こります。
「そんなになかった~」と言う人から、
出産まで“つわり”症状が苦しかった人、
恥骨や足の付け根、腰が痛くて、歩くのもままならない人、
精神的に心配になったり、落ち込みやすくなったりする人。
中には「胎動が痛くて・・・」と涙された方もいらっしゃいました。


妊娠中は本当にあっという間です。
経産婦だから余計に感じるのかもしれません。


そして、お腹の中でムニムニ動く、不思議で、変な感じで、

時には痛く感じるほど元気で・・・でも幸せな感覚


食べものの好みが変わったり、心の感じ方が変わったり、

自分でいて、“自分じゃないもの”が宿っている、神々しいまでの

圧倒的な幸福感


そんなものに、時には静かに向き合ってみてください。
そうしていると、うまく説明できませんが、「あ、赤ちゃんとつながってる」って
感じる瞬間があるはず。
マイナートラブルもなんだか愛おしく思えるかもしれません
そんな風に感じて欲しいと願っています

生まれちゃうと、このお腹にいる感覚が懐かしくなるんです~三富でした(^^)/

スポンサーサイト