FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

12月15日火曜日 早朝

夜明け前に犬の散歩が必要な時は、ジョギングを兼ねている

人に見られて耐えられる走りではないので、「暗闇限定

自分の中での目標はいつも

あと少し」「少しだけしんどい方」を自分の身体に選択させながら走ること

約2キロほどの距離を、闇に紛れ、鬼のような形相で、鼻息荒く走っていると、

早朝散歩のオジチャンはビックリしてサササっと道をあけてくれたりする

いつもの公園が「ゴール地点」

公園の中のアスファルトに、ペースメーカーである駄犬がまず飛び込み

追って私の両足がそれに続く

踏み込んで大きく息をつき、ゆっくり歩き

何回も肩で息をしながら、最後に大きく吸い込んで、細く長く吐く息とともに

天を仰ぎ、肩の力を抜いていく・・・

「今日も最後まで走りきった」という満足感がじんわり浮かび上がってきたその時、

「ヒューん、パッ」

「?!!!」

「ながれぼしだっ!」

「みんな無事で!」

「言えた!消える前に言えた!」

この間わずか1、2秒だと思うけど

言えたと思った瞬間、何故か涙が出てきた

みんなってだれ?なんでわたし泣いてるの?

次々と疑問が湧いては消え、湧いては消えするけれど、

走った満足感をはるかに超えるこえる達成感がそこにはあった

とっさに出た「お願い事」が「みんな無事で」って・・

どうして「金!」とか「美貌!」じゃなかったの?・・・

「カネ、ビボー」なら2個言えたかもしれないのに・・・

そんなことを別の自分が考え、苦笑する

良かったじゃん!みんな無事なんだもん!

駄犬が私を見上げながらそう言った(気がする)

そうだ!そうだよね!

東の空が薄く青みがかって

今日の始まりを告げていた

「ふたご座流星群」

ご覧になった方がいらっしゃいますかね?感動を共有したいものです









スポンサーサイト