FC2ブログ

湘南のアットホームな産婦人科

宮川医院からのお知らせとスタッフの日々感じたことをつづっています

9月19日は十五夜ですね
この日は、2010年代最後の中秋の名月だそうです。
ところで、満月(又は新月)の夜には出産が増える、という話を聞いたことはありませんか?

実は、科学的に月の満ち欠けと出産数との関連性をはっきり解明したものはなく、
少ないながらも日本で実際に調査されたものでは、
満月や月の月齢とは関係がないという統計データーが多いようです。
ちょっと残念、というか多少寂しい感じもしますね。
しかし、満月や新月の前後はバタバタと忙しかったり、
お部屋が混んでるような気がします。
気がする…という印象でしかないのですが…

女性の体のリズムは、月の満ち欠けと同じサイクルを持っています。
月経の周期や皮膚のターンオーバーは28日と言われています。
潮の満ち引きが、月の引力の影響であることはご存知ですよね。
体の半分以上が「水分」である私たちにも、何らかの影響があるかもしれません。
妊婦さんは羊水がある分、さらに影響を受けやすいかも…

自然のリズムや感覚を上手に受け入れている妊婦さんは、
お産のときもリラックスして安産な方が多い感じがします

現代生活は、常に夜も明るく、夜更かしで体内時計が狂いがちです。
人間も自然の一部。
日々、雑務に追われて無理が続いている時こそ、
自分の体に意識を向けて、自然のリズムをとり入れてみましょう

時には立ち止まって、何も考えずぼんやり月を眺めるのもよいですよ
秋の足音が聴こえてきませんか?

Yoshikawa
スポンサーサイト